岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

妊産婦医療費助成

 

妊娠5ヶ月から出産した翌月末日まで医療費の自己負担額の一部を助成します。

 

対象者

妊娠5ヶ月目の月の初日から、出産日の翌月の末日までの人で、本人及び保護者(配偶者等)の所得が所得制限内の方。

 

助成の内容

医療保険で診療を受けたときの自己負担額から、1医療機関あたり外来1月1,500円、 入院1月5,000円を差し引いた額が助成されます。
ただし、住民税非課税世帯の人は、医療保険で診療を受けたときの自己負担額全額が助成されます。

※保険診療外の費用、妊婦検診、入院時食事療養費標準負担額は助成されません。

 

受給者証交付手続きに必要なもの

保険年金課に申請してください。

1.印鑑
2.健康保険証(本人のもの)
3.預金通帳またはキャッシュカード(受給者または保護者のもの)
4.母子健康手帳
5.本人及び保護者の所得が確認できる書類(源泉徴収票は不可)
※課税年度の1月1日現在、当市に住所がある場合は原則として不要です。
・所得課税証明書(所得額、扶養人数、控除額、課税・非課税の記載があるもの)
・特別徴収税額の通知書(納税義務者用)
・市区町村民税の税額通知書(課税状況の内訳がわかるもの)
※出産予定日が1月14日までの人は、前年度(前々年分所得)の書類を用意してください。
出産予定日が1月15日から翌年の1月14日までの人は今年度(前年分所得)の書類を用意してください。

 

医療費の助成を受けるには

1.健康保険証、受給者証を医療機関等の窓口に提示してください。
2.自己負担額をお支払いください。(1医療機関ごとに外来1月1,500円、入院1月5,000円。住民税非課税世帯の方は、お支払いはありません。)
 
※ただし、県外の医療機関を受診した場合や、医療費助成給付申請書を医療機関に提出できなかった場合、公費負担のあった場合は、市役所か東部出張所で、「領収書」「医療費受給者証」「印鑑(シャチハタ不可)」を持参の上、備え付けの医療費給付申請書(A4版)を提出してください。

 

手続きが必要なとき

・健康保険証、振込口座が変わったとき
・氏名、住所がかわったとき
・受給者が死亡、転出等により資格喪失したとき
・修正申告等により、市町村民税が非課税になったとき

→受給者証、印鑑、健康保険証、通帳等をお持ちください。

 

(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 健康福祉部
保険年金課 (医療費助成担当)

電話019-656-6530
ファックス019-684-2245
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について