岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

感染症情報

インフルエンザについて

 

インフルエンザとは 

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。 
典型的なインフルエンザの症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられます。普通のかぜに比べて全身症状が強いのが特徴です。気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することが多いのもインフルエンザの特徴です。インフルエンザの重症化により、特に65歳以上の高齢者が死亡する割合がこの時期に高くなる点でも普通のかぜとは異なります。 

予防方法 (マスク・手洗い・うがいが予防の基本!)

自分や家族の感染を最小限に食い止めるため、予防法や流行時の対応をしっかりと身につけておきましょう。

インフルエンザは、感染者の咳やくしゃみ、つばなどの飛沫(ひまつ)に含まれるウイルスを、鼻や口から吸い込むことによって感染します(飛沫感染)。またウイルスが付着したものを触った手で口や目の粘膜に触れることでも感染が広がると考えられています(接触感染)。
これらの飛沫感染・接触感染を予防するために、マスクの着用、咳エチケット、手洗い、うがいを普段から励行しましょう。

 マスク ・熱・咳・くしゃみ等の症状のある人は、必ずマスクをつけましょう。
・上記症状のある人と会う時や、人ごみや繁華街への外出は、予防のためにマスクをつけましょう。
・マスクは不織布のものをなるべく用い、1日1枚使い捨てましょう。
・マスク使用中、または、はずす時は表面に触れないようにし、使用後は蓋付きのゴミ箱やビニール袋に捨てましょう。
 咳エチケット ・咳・くしゃみの時は、ティッシュなどで口と鼻を被い、他の人から顔をそむけ、1~2m以上離れます。ティッシュなどがない時は、口を前腕部で押さえ、極力飛散しないようにし、すぐに手洗いをします。
・鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐに蓋付きのゴミ箱やビニール袋に捨てましょう。
 手洗い ・手洗いは、流水とせっけんで15秒以上洗いましょう。
・さらにアルコールが60~80%程度含まれてる消毒薬は、完全に乾くまで両手をすりあわせて使いましょう。
 うがい ・外出から帰った後や、のどに不快感や炎症がある時は、うがいをしましょう。

・ヨウ素系のうがい薬は、自分の周辺に流行しているときだけなど比較的短い期間を決めて使用し、日常的な予防としては、「水うがい」を行います。

感染拡大を避けるために

○感染が拡大した場合は、不要不急の外出や受診は避け、まん延防止や医療の確保に協力しましょう。
○手洗い・うがいを励行し、混み合った場所ではマスクを正しく着用しましょう。
○もしものときに備えて、防災の備蓄品とともに以下の例を参考に、必要な物品を日頃の買い物の時に買い揃えておくと安心です。

【 インフルエンザ対策 】
 マスク、ゴム手袋、水枕・氷枕、漂白剤、消毒用アルコールなど
【 食糧品 の例】
 長期保存が可能な食品(主食、乾麺類、レトルト食品、冷凍食品、缶詰、飲料水等)
【 日用品・医療品 の例】
 常備薬、体温計、解熱鎮痛薬など
【 通常の災害時のための物品 】
 ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ビニール袋、ラップ、アルミホイル、保湿ティッシュ、洗剤、懐中電灯、乾電池、ラジオ、カセットコンロなど


 

 

 

 

 

食料品備蓄に関する情報が農林水産省のホームページで見ることができます。

◎「新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド」http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/gaido.pdf

インフルエンザにかかった場合の対応

自宅療養するときに気をつけることや治った後の通園・通学の時期などについて、詳細はこちらをご覧ください。

予防接種について

今季の「インフルエンザ予防接種」を受ける際の接種費用に対する公費負担は、終了しました。

ノロウイルス感染(感染性胃腸炎)について

感染性胃腸炎は、多種多様の原因によるものを含む症候群名です。小児科定点からの患者発生報告数が増加するのは冬季であり、その大半はノロウイルスやロタウイルス等のウイルス感染を原因とするものであると推測されています。

患者発生のピークは例年12月中となることが多く、同時期の感染性胃腸炎の原因の多くはノロウイルスによるものであると考えられています。

ノロウイルス感染症の潜伏期間は数時間~数日(平均1~2日)で、主な症状は嘔気・嘔吐及び下痢であり、嘔吐・下痢は1日数回から多いときには10回以上のこともあります。特効薬はなく、治療は対症療法となりますが、最も重要なことは水分補給によって脱水を防ぐことです。

ノロウイルスの感染予防には、流水・石けんによる手洗いの励行と吐物や下痢便の適切な処理がきわめて重要です。

  • 予防方法や県内の発生状況等は、こちらをご覧ください。(岩手県感染症情報センター)
  • ノロウイルスに関するQ&Aはこちら(厚生労働省)

(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 健康福祉部
健康推進課

電話019-656-6526
                 019-656-6527
ファックス019-684-2245
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について