岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわライフガイド > 環境 > 飼い犬・ペット > 飼い犬の登録と狂犬病予防注射

飼い犬の登録と狂犬病予防注射

【犬の登録について】

生後91日以上の犬は狂犬病予防法により、生涯1回の登録が義務付けられています。
登録の手続きは市役所環境課、東部出張所のほか、滝沢市内及び盛岡市内の動物病院でも出来ます。

・登録手数料・・・・3,000円

次の場合は届出が必要です。
・犬の飼い主が変わった時

新しい所有者は30日以内に犬の所在地の市町村長に変更の届け出をしてください。

・犬の所在地が変わった時

所有者は30日以内に犬の新住所地の市町村長に変更の届け出をしてください。

・犬が死亡した時

犬の所有者は、犬の登録抹消のため、死亡届を提出してください。

※死亡届は電話でも受け付けています。

届出様式

犬の登録申請書(84KB; )

犬の登録事項変更届(86KB; )

犬の死亡届(82KB; )

【狂犬病予防注射について】

狂犬病は発症すると治療方法もなく、ほぼ100%死に至る恐ろしい感染症です。また、発症するまで狂犬病に感染していることはほぼわかりません。日本では1957年以降、発生していませんが、国際交流が盛んになっている現在、狂犬病がいつ日本に侵入してくるかわかりません。アジアで狂犬病が発生していないのは日本だけであり、隣国の中国では年間約2,000人の狂犬病患者が出ています万が一、国内に狂犬病が侵入した場合に、そのまん延を防止するためには「犬の登録」と「犬への狂犬病予防注射」を徹底することが必要です。

 

感染症・予防接種情報・・・狂犬病(厚生労働省)http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

 

・生後91日以上のすべての犬には毎年1回狂犬病の予防注射を受けさせなければなりません。

・予防注射の時期は、例外を除き4月1日から6月30日と定められています。

・予防注射は市が行なう集合注射を利用するか、お近くの動物病院または獣医師で受けてください。

・料金3,100円(集合注射を利用した場合)
(注射料金2,550円・注射済票交付手数料550円)
※注射会場では、新規の登録申請も受け付けています。 

滝沢市及び盛岡市以外の動物病院や獣医師で注射を受けた場合、その後、市役所環境課で注射済票の交付手続きが必要となります。獣医師が発行する注射済証と手数料550円をお持ちになり、市役所環境課窓口で手続きをお願いします。

 

狂犬病予防集合注射について

平成29年5月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)の4日間、狂犬病予防集合注射を実施します。

集合注射を受けていない場合は、かかりつけの動物病院で受けさせましょう。

 狂犬病予防注射の時期は、例外を除き4月1日から6月30日と定められておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

狂犬病予防集合注射の実施日程、会場

 

市内動物病院

 

※市内及び盛岡市の動物病院や獣医師では、予防注射とあわせて犬の登録手続きもできます。

 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 市民環境部
環境課

電話019-656-6510
ファックス019-684-2120
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について