岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわライフガイド > 育児・教育 > 保育園・幼稚園 > 幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化について

10月から幼児教育・保育の無償化がスタートします

〇幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子供たち、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子供たちの利用料が無料になります。
⇒詳細や今後の手続きなどについては、本ホームページにて随時お知らせします。

対象者・対象範囲等

幼稚園、保育所、認定こども園等

・幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供たちの利用料が無料になります。
・0歳から2歳までの子供たちについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無料になります。
・幼稚園、保育所、認定こども園に加え、地域型保育、企業主導型保育事業(標準的な利用料)も同様に無料になります。

※通園送迎費、食材料費、行事費などは、無償化の対象外です。ただし、満3歳~5歳児の年収360万円未満相当世帯の子供と、全ての世帯の第3子以降の子供については、副食(おかず、おやつなど)の費用が免除されます。

預かり保育(幼稚園、こども園・教育)及び一時預かり事業(保育所、こども園・保育)

・預かり保育の無償化対象となるためには、お住まいの市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
・利用日数等に応じて、最大月額1.13万円までの範囲で預かり保育の利用料が無料になります。

認可外保育施設等

・対象となるためには、お住まいの市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
・3歳から5歳までの子供たちは月額3.7万円まで、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子供たちは月額4.2万円までの利用料が無料になります。
・認可外保育施設に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を対象とします。

保育所及び認定こども園(保育)に入所、または入所申請をしている場合、すでに「保育の必要性の認定」を受けているため、無償化にあたっての手続きは不要です。 

 

幼稚園(私学助成)を利用の方

幼稚園(私学助成)を利用する満3歳から小学校就学前の子供たちの利用料が、月額2.57万円を上限に無償化されます。

無償化の対象となる利用料とは、保育料及び入園料です。
(入園料については、入園初年度に限り月額に換算して無償化の対象となります。)
・満3歳児については学校教育法に基づいた教育時間等を満たしたクラスに在園の場合のみ対象です。

無償化にあたって、提出が必要な書類があります。

・現在通われている幼稚園を経由して「子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書」の提出が必要となり
ます。
・預かり保育等の利用するために「保育の必要性」の認定を受ける場合、幼稚園を経由して書類を提出必要はあ
りませんが、児童福祉課窓口での手続きが必要です。
・期限内に提出しない場合、無償とならない期間が発生する可能性がありますので期限内の提出をお願いします。

幼稚園(新制度)および認定こども園(教育)の預かり保育をご利用の方

保育の必要性の認定を受ける必要があります。

・幼稚園、認定こども園の利用に加え、利用日数に応じて、満3歳に達する日以後最初の3月31日を経過した小学校就学前子供の預かり保育の利用料が、日額450円・月額1.13万円までの範囲で無償化の対象となります(満3歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある住民税非課税世帯の子供の場合は最大月額1.63万円上限)。

・無償化の対象にはなりませんが、「保育の必要性の認定」を受けていない場合でも預かり保育の利用は可能です。

保育の必要性の認定にあたっては、書類の提出が必要です。

・「保育の必要性」については、認可保育所と同等の要件となります。

・児童福祉課窓口での手続きが必要です。提出前に窓口にて説明を受けてください。

※無償化に関する申請、様式の提供等については、東部出張所では行っておりません。市役所児童福祉課までお越しください。


認可外保育施設等(一時預かり、病児保育、ファミリー・サポート・センター)をご利用の方

保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

・3歳から5歳児クラスまでの子供たちは月額3.7万円まで、0歳から2歳児クラスまでの住民税非課税世帯の子供たちは月額4.2万円までの利用料が無償化の対象となります。

・認可保育所、認定こども園(保育)、小規模保育事業、家庭的保育事業、企業主導型保育事業の利用者は、認可外保育施設等利用の無償化の対象外です。

・無償化の対象にはなりませんが、「保育の必要性の認定」を受けていない場合でも認可外保育施設等の利用は可能です。

保育の必要性の認定にあたっては、書類の提出が必要です。

・「保育の必要性」については、認可保育所と同等の要件となります。

・児童福祉課窓口での手続きが必要です。提出前に窓口にて説明を受けてください。


様式について

手続きの参考として様式を掲載しています。

郵送による申請は、取り扱っておりませんのでご注意ください。

子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書

子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書(私学助成幼稚園経由申請用) (86KB; MS-Excelファイル)

子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書(児童福祉課窓口申請用) (267KB; MS-Excelファイル)

就労に関する様式

就労(予定)証明書 (74KB; MS-Wordファイル)

就労申告書(自営業) (85KB; MS-Wordファイル)

※保育所、認定こども園(保育)入所申請用の様式は使用しないでください。

内閣府・幼児教育・保育の無償化(参考)

内閣府のホームページに幼児教育・保育についてのお知らせが掲載されていますのでご覧ください。

内閣府子ども・子育て本部ホームページ



(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 健康福祉部
児童福祉課

電話019-656-6519
                 019-656-6520
ファックス019-684-2245
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について