岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

滝沢市教育振興運動

はじめに~岩手県教育振興運動とは

岩手県教育振興運動は、子どもと家庭、学校、地域、行政の5者が連携・協働して地域の教育課題の解決に取り組む岩手県独自の教育運動です。

昭和40年に県内各地で地域をあげて学力向上のための取り組み(読書運動など)を行ったのが始まりで、以来、岩手県の教育水準向上や子どもの健全育成、家庭教育力や地域力向上など、教育環境の充実に大きな役割を果たしております。

平成27年度からは、「みんなで教振!5か年プラン(H27~H31)」に基づき、「情報メディアとの上手な付き合い方」と「地域の教育課題(学力向上・健全育成・健康安全・体力向上・復興教育)」を2本柱として、全県的に教育振興運動を推進しています。

また、中央教育審議会による答申「新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について(平成27年12月21日)」 (1158KB; PDFファイル)に基づき、教育振興運動が地域学校協働活動の基盤としての役割を一層担うとともに、学校が家庭・地域と連携・協働して取り組む「いわて型コミュニテイ・スクール」と一体的に取り組み、効果的な教育活動を展開しています。

「岩手県教育振興運動の概要」 (344KB; PDFファイル)と「平成29年度岩手県教育振興運動推進方針」 (134KB; PDFファイル)、「みんなで教振!5か年プラン(H27~H31)」(297KB; PDF)、「今こそ!みんなで教振!」 (774KB; PDFファイル)をそれぞれ見ることができます。

※詳しいことは、岩手県生涯学習情報システムまなびねっといわて「いわてが誇る教育振興運動!」で見ることができます。(市以外のホームページにつながります)


滝沢市教育振興運動~「明るく、かしこく、たくましい子どもの育成」を目指して

▲「明るく かしこく たくましい子どもの育成」を目指します(写真はイメージ写真です)

 

滝沢市における教育振興運動の展開

滝沢市教育振興運動推進協議会が昭和57年に発足。平成28年4月1日現在、実践区は市内全ての小中学校単位に11区あり、各実践区ごとに地域の特色を活かした活動を展開しています。

滝沢市における地域課題や教育課題

現代社会の変化に伴う少子高齢の顕在化や心身の健康づくり、ICT(情報通信技術)社会の進展、持続可能な地域づくりなど地域課題や教育課題が多様化しています。近年、家庭教育力の低下や子育てへの不安を抱える保護者の増加、情報端末の高機能化による違法・有害情報への接触など教育課題の深刻化・顕在化に伴う心のケアの充実が求められています。
そのようなことから、滝沢市においても現代社会の変化に対応できる「生きる力」を培う生涯学習社会の構築や学校と地域の連携・協働による新しい時代の教育や地方創生の実現が期待されています。

次代を担う地域づくりリーダー育成

滝沢市の次代を担う多くの子どもたちは友達・仲間や地域への優しさ・思いやりがあり、地域づくり活動への参画意識はとても高いです。また地域も子どもたちを見守り、子どもたちの活動を支援しようとする意識を持っています。このような状況を踏まえ、子どもと家庭、学校、地域、市行政の5者の連携・協働による教育振興運動を展開し、次代を担う地域づくりリーダー育成を図ります。

「住民自治日本一」を目指して~滝沢市の挑戦

平成26年1月1日、「住民自治日本一」を目指して滝沢市が誕生しました。「住民自治日本一」とは、「市民自らが住みよい地域を考え、思いやりと協力の気持ちを持ち、地域や仲間と関わることに「満足」と「幸福感」を日本一実感できる地域」のことです。

また、全国的にも第2期教育振興基本計画(平成25年6月閣議決定)に基づく「現代社会の変化に対応できる生きる力」を培う生涯学習社会の構築教育委員会制度改革(平成27年4月施行)による首長部局と教育委員会との連携強化による教育政策の展開新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働(平成27年12月中央教育審議会答申)による次世代の学校・地域創生の実現が求められています。

このような背景を受けて、滝沢市において、第1次滝沢市生涯学習推進計画「学びプランたきざわ」を平成28年3月に策定。 同プランに基づき、市行政全般に関する生涯学習関連施策の展開により「一人一人が学ぶよろこびを実感できるまちたきざわ」の実現を目指しており、学びプランたきざわと教育振興運動を連動した活動を展開します。

学びのネットワークづくりと「市民が主役の生涯学習社会」の構築

「地域が人を育て、人が地域をつくる好循環」と「学びと活躍が結ぶ人と人とのつながり」による「市民が主役の生涯学習社会」の構築と生涯学習による地域づくりを目指しています。
「学びプランたきざわ」の確実な展開や地域の特色を活かした教育振興運動の実践区活動で、地域課題や教育課題を解決し、滝沢市全体で子どもたちを育んでいきます。

目標「明るく、かしこく、たくましい子どもの育成」

子どもと家庭、学校、地域、市行政の5者が連携・協働して「明るく かしこく たくましい子どもの育成」を目指し、滝沢市教育振興運動を推進していきます。

共通テーマ「ふれあいの輪を広げ、思いやりの心を育てよう」

具体的実践内容

情報メディアとの上手な付き合い方を考える

地域とのふれあい活動を進め、自立と協調の心を育てる

学ぶ喜びを知り、自ら学ぶ意欲を育てる

地域全体で防災と復興支援に対する意識を高める

支援する組織(市行政や大学、地域ボランティア、関係団体・機関、企業など)との連携

地域連携の推進(地域が関わる活動やゲストテイーチャー・地元の人材活用を図る)

実践区の主体的な取り組み

平成27年度は、岩手県教育振興運動は「みんなで教振!5か年プラン」が、市は第一次滝沢市総合計画がそれぞれスタート。平成28年度は第1次滝沢市生涯学習推進計画「学びプランたきざわ」がスタートし、平成29年度も地域課題や教育課題が解決できる生涯学習による地域づくりを目指して、市行政全般に関する生涯学習関連施策を展開しています。
当協議会としても、共通テーマや具体的実践内容を参考に、全11実践区ごとに目標設定、具体的取組内容を検討し、各実践区が主体的に市教育振興運動の目標達成を目指す活動を展開します。

 

▲情報メディアとの上手な付き合い方に関する意識啓発を図ります(写真はイメージ写真です)

 

成29年度滝沢市教育振興運動推進協議会総会が開催されました

滝沢市教育振興運動推進協議会(藤田重治会長)の平成29年度総会が4月23日、滝沢ふるさと交流館で行われ約150人が参加し、子どもと家庭、学校、地域、市行政の5者の連携・協働による教育課題の解決を目指した本年度事業計画などを協議しました。

また、岩手県警察本部生活安全部生活環境課の晴澤圭司(はれさわけいじ)サイバー犯罪対策係長を講師に迎え情報メディア対応に関する講演を実施。その後、5者代表によるパネルディスカッションで意見交換。滝沢第二中学校生徒会長は「滝二中生の、滝二中生による、滝二中生のためのネット宣言を目指した校内ネットルールをつくることができた。引き続き意識啓発二取り組みたい」と提言しました。
なお、当日の模様は、市ホームページ写真で見るニュース「市教育振興運動総会~中学生が課題解決目指し」にも掲載されています。


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市教育委員会
生涯学習スポーツ課

電話019-656-6588
                 019-656-6589
ファックス019-684-4990
メールメールはこちらのページから


↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について