岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

報道発表(平成30年08月)

とき
平成30年8月3日(金)午後1時30分から午後1時40分まで

ところ
滝沢市役所庁議室

 

市発表事項

第36回滝沢市産業まつりの開催について(経済産業部 商工観光課)

 「滝沢市産業まつり」は第36回を迎え、「第3回商工会まつり」と共同開催で、8月25日(土)、26日(日)の両日、開催いたします。
このイベントは、「滝沢市の物産の展示並びに市内産業等を広く紹介し、市民の理解と認識を高め、生産の奨励及び販路の拡大を図り、活力ある産業の振興に資すること」を目的に毎年開催しているものです。
今年はメインタイトルを「滝祭2018 ~TAKI-SAI~ 」とし、より一層親しみやすいイベントを目指します。
会場は昨年同様、ビッグルーフ滝沢です。
 メイン会場は屋外駐車場ですが、屋内でも「お化け屋敷」などのイベントのほか、シルバー人材センター主催の「シルバーフェア」が同時開催され、施設全体で楽しめる内容となっております。
産業まつりでは、市内企業紹介をはじめ、商工業者による「飲食・物販コーナー」や農産品を集めた「農産コーナー」、昨年も大変好評だった重機や高所作業車などの体験コーナー、ステージイベントでは伝統芸能発表や滝沢産品を使った催し物などを予定しております。
 ほかにも、25日(土)には、午後7時から、市観光協会と共催での花火大会を行う予定です。
 8月25日(土)、26日(日)の2日間は、産業まつり改め「滝祭2018 ~TAKI-SAI~ 」へぜひ、足をお運び下さいますようお願いいたします。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。
【日程】
●産業まつり
日程:平成30年8月25日(土)10:00~19:30
     平成30年8月26日(日)10:00~16:00
●花火大会
日程:平成30年8月25日(土)19:00~19:30
会場:滝沢総合公園(花火打ち上げ場所:ロックガーデン前)

平成30年度「滝沢スイカまつり」について(経済産業部 農林課)

 本年度で12回目となる「滝沢スイカまつり」は、8月11日(土)午前6時から8時、ビッグルーフたきざわで開催いたします。
 昨年、祝日の8月11日「山の日」合わせて開催させていただきましたが、休日という事もあり、たくさんのお客様にお越しいただきました。また、今後もその日に合わせて開催していく予定です。
 さて、今年のスイカの育成状況ですが、若干遅れていたものの、先週末あたりから市内の産直に並び始め、8月1日には盛岡市場にて系統出荷の初競りも行っております。 味の方は、例年通り糖度も上がっており、生産者の想いがきっちりと実を結んでおりました。最近では、夏バテや熱中症予防にも注目されておりますので、健康にもいい「スイカ」をぜひお買い求めください。
 また、今年の注目は、若手農業者団体「たきざわグリーンワークス」が取り組んでいる、「チャグチャグスイカ」です。 市内の馬飼育農家より馬ふんを供給してもらい、それを堆肥として滝沢スイカの栽培をしております。 そのスイカには、オリジナルデザインのシールを張り、約1割高い値段をつけておりますが、その売上の一部を馬飼育農家へ還元していき、購入者が滝沢の馬事文化およびチャグチャグ馬コに協力していけるような仕組みを計画中です。 ぜひ、そちらのスイカについても取材方、お願いいたします。
 「滝沢スイカまつり」では、スイカはもちろんのこと、野菜や花、岩魚なども出品されます。また、その他にもスイカにちなんだ各種イベントも企画しております。 景品も多数ご用意いたしますので、今年も「滝沢スイカまつり」へ足をお運び下さいますようお願いいたします。

【参考】
・主  催 滝沢市
・共  催 JA新いわて、商工会、観光協会、アルビレオ共同事業体  
・入込客数(見込) 3,000人

市発表案件について記者からの当日質問

記者:滝沢市産業まつりと商工会まつりが一緒に開催されて2年目になると思いますが、盛り上がりとして期待されることはありますか。
市長:これまで産業まつりは実行委員会を組織して、行政主体で行っておりました。そういった中で、商工会からは自分たちで独自のお祭りをやりたいということから商工会まつりが開催されました。ただ、同じようなものを2つやるよりも合わせて開催したほうがいいのではないかということで、この産業まつりの事務局を商工会にお願いして商工会が主体となって産業まつりを行うことから、これまでと違った独自のものも考えていただくことでこれまで以上の集客が見込めるのではないかと思います。会見の前にも話しましたが、お化け屋敷は今回初めて行うものであります。こういったアイデア等も商工会ならではのものでありますし、今後もそういった独自のものを行っていただくことで、楽しいお祭りになっていくのではないかと期待しております。
記者:スイカ祭りの出店される農家さんは13人ということですが、全部何玉くらいのスイカが売られるのですか?
市長:約4000玉になりますので、1人あたり300玉ほどです。スイカ祭りについては、毎年6時という販売開始時間でありますが、年々早く人が来られるということで、通常は6時開始ということですが、今年は6時からイベントを行うというような形で開会式はしない方向で進めようと思っています。したがって、表向きは6時開始ですが、実際は何時から来られるかが想像できないです。
記者:この前の初セリでも7万円ということで、年々初セリの最高価格も上がってきていますが、市長が期待されていると思います。そういったブランド化についてはどのようにお考えでしょうか?
市長:このスイカ祭りが12回目ということ、初セリもおそらく10回以上になっていると思います。これまで努力した結果が今のブランド化につながっているという風に思っておりましたし、それぞれの農家の努力もあったことと思います。天気・気候に非常に左右されるのが農作物でありまして、常に一定のものが収穫できるわけではではないということからすると、これまでブランドとして成長してきてということは私たちとしても非常にありがたいと思っております。これが続いいていくように私たちも努力していきますし、農家の皆さんにも努力していただきたいと思っております。
記者:花火大会は何分・何発くらいになりますか?
商工観光課長:時間は30分間になります。花火の数は現在協賛金を募っているところでありまして、それ次第というところでございます。昨年は1500発になります。
市長:この辺りは見晴らしも良く、遠くからも見えることから人気のある花火大会であります。この花火を目当てに相当な人が集まりますので、なるべく渋滞が起きないように早めに来ていただければと思っております。

その他について記者からの当日質問

記者:明日で11月の市長選まで3カ月を切る形になります。現段階で立候補を表明されているのが1人ということですが、この状況についてはどのように受け止めていますか?
市長:辞める者が市長選挙について話すべきではないと考えておりますので、コメントは差し控えたいと思います。


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について