岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

報道発表(平成30年06月)

とき
平成30年6月7日(木)午前11時から午前11時20分まで

ところ
滝沢市役所庁議室

 

市発表事項

バス路線の「ビッグルーフ滝沢」への乗り入れについて(都市整備部都市政策課)

市では市の交通政策マスタープランとして昨年9月に策定した「滝沢市地域公共交通網形成計画」の施策の一つとして、昨年グランドオープンしたビッグルーフ滝沢や市役所周辺を拠点としたバス路線網の見直しについて運行事業者である岩手県交通と協議を行って参りました。
今般、運行事業者との調整・協議が整い、平成30年7月2日(月)【予定】より運行ダイヤを改正する旨、運行事業者から申出があったため、その内容について発表するものであります。
詳細の内容につきましては配布資料のとおりですが、主な改正点は、
(1)盛岡駅・盛岡バスセンターと滝沢営業所間のバス路線(※青山町線に限る。)の朝と夜の一部の便を除く全ての便をビッグルーフ滝沢経由に変更
(2)滝沢アメニティタウン発着のバス路線をビッグルーフ滝沢経由に変更
(3)上の山団地経由のバス路線をビッグルーフ滝沢発着、さらには滝沢総合公園及び滝沢ニュータウン経由に変更
このことにより、ビッグルーフ滝沢から盛岡駅・盛岡バスセンター方面へ路線バスが平日に約20分間隔で運行するほか、市役所周辺から元村地区(滝沢ふるさと交流館)方面や盛岡駅・盛岡バスセンター方面から滝沢総合公園への直接アクセス路線が確保されるなどビッグルーフ滝沢をはじめ市役所周辺の機能・利便性の向上が図られます。
なお、今回のダイヤ改正によりビッグルーフ滝沢まで路線が延伸されますが運賃の変更はありません。
また、滝沢市公式スマートフォンアプリの「滝沢ナビ」に本日より『公共交通マップ』のコンテンツを新規に追加いたしました。
この公共交通マップには、スマートフォンのGPS機能を利用して最寄のバス停から目的地のバス停までの時刻を検索できるシステムをはじめ公共交通に関する情報を多く掲載しており、市民をはじめ公共交通利用者に多く活用してもらい、公共交通の利用促進を図りたいと考えております。
今後、このダイヤ改正に係る情報については、アプリのバージョンアップにより対応していく予定です。


平成30年度岩手山山開きについて(経済産業部商工観光課)

毎年恒例の岩手山山開きを、7月1日(日)に、岩手山の麓に位置する三市町の滝沢市、八幡平市、雫石町で合同開催いたします。岩手山山開きは、登山者と岩手山の
一年の安全祈願、そして、三市町の友情交流を目的に合同開催するものです。
今年もたくさんの登山愛好家や企業、団体様にご参加いただき、山頂における交歓会では、各団体の旗を掲げ、華やかに執り行いたいと考えています。
当日は朝6時より、本市の馬返し登山口をはじめ、八幡平市の焼走り登山口、雫石町の御神坂登山口にて同時に山開き神事を行い、それぞれのコースを登山します。そして、正午頃から三市町が一堂に会して山頂にて交歓会を行う予定です。
また、今年も岩手山山開きの開催にあたり、日本山岳会岩手支部の会員であり、版画家の阿部陽子さんにデザインしていただいた手拭いを、滝沢市観光協会にて数量限定で販売します。今年は、黒と紫色の2色刷りで、岩手山に咲く日本固有種の高山植物「シラネアオイ」をテーマに、鮮やかな紫色と岩手山の凛とした黒の対比が映える、素敵なデザインとなっています。岩手山登山の記念、また、プレゼントにもオススメです。
詳細は、滝沢市のホームページにも記載しておりますので、ご覧ください。
今年もたくさんの方々のご参加をお待ちしております。


滝沢市健康づくり宣言及び健康づくり宣言大会について(健康福祉部健康推進課)

<健康づくり宣言>
市では、少子高齢社会が進む中、健康寿命を延伸し、心身ともにすこやかで生きがいと幸福を実感できるまちづくりを目指し、「健康づくりは幸せづくり」をスローガンに、健康づくりに自ら取り組むこと、また市民と地域、団体、企業、行政が一丸となって総合的な健康づくり運動を推進することを目的に、平成30年7月1日を「滝沢市健康づくり宣言の日」とし、岩手山山開きの日に合わせて、山頂で「健康づくり宣言」を行います。
<健康づくり宣言大会>
平成30年7月1日の「健康づくり宣言」について、広く市民の皆様に周知し、一人ひとりの健康づくりを支えるために、地域、仲間と一緒に健康づくりに取り組むことを考える機会となるよう、7月8日(日)、ビッグルーフ滝沢にて「健康づくり宣言大会」を行います。
たくさんの、皆さんの参加をお待ちしています
○内容
10:00~相談コーナー、食育関連コーナー、販売コーナー、健康イベントコーナー
13:15~記念式典
     ・市内小学校児童等による、宣言文の唱和
     ・各自治会、健康づくり支援者による健康づくりスローガン発表
     ・健康づくり宣言参加団体による活動発表
      「健康づくりは幸せづくり」をテーマに、たきざわグリーンワークス、株式会社ミクニ、シルバー人材センター、滝沢市体育協会の4団体の活動発表


「滝沢市特別表彰」の実施について(企画総務部企画政策課)

滝沢市では、スポーツ、文化、産業等の分野で活躍された方々に対して、滝沢市表彰条例に基づき特別表彰を行っております。
今回、表彰いたしますのは、スポーツ分野で市の栄誉を著しく高められた個人1名となります。
被表彰者は、盛岡工業高等学校3年、鈴木莉乃(すずきりの)さんです。
鈴木さんは、3月25日に開催された第32回全国高等学校ウェイトリフティング競技選抜大会、女子48キロ級で、スナッチ57キロ、ジャーク73キロ、トータル130キロを挙げ準優勝されました。
鈴木さんは、市内鵜飼地区在住で、滝沢南中学校の卒業生となります。身長148センチと小柄ながらも、ひたむきに競技に打ち込み、前回大会9位から今回準優勝という快挙につなげました。
なお、表彰状授与式につきましては、6月25日(月)午後1時30分から、滝沢市役所2階大会議室にて、挙行する運びとなっています。


全国シティセールスストラップデザインコンテスト2017の大賞受賞について(企画総務部企画政策課)

このたび、福井県坂井市が主催する「全国シティセールスストラップデザインコンテスト」において、滝沢市の応募作品が大賞を受賞しました。
このコンテストは、「越前織」の技術を広く知ってもらうことを目的として、福井県坂井市が全国の自治体を対象に行っており、応募自治体はストラップにそれぞれの「まちの魅力」をデザインし、今年のコンテストでは42都道府県132自治体から416作品の応募があったとのことです。大賞には滝沢市を含む20作品が選出され、大賞の副賞として100本の越前織ストラップを頂いております。
この取り組みの経緯として、滝沢市では、第1次滝沢市総合計画で「幸福感」や「人とのつながり」をキーワードに市政を推進しており、これらを広める取り組みの一環として、有志による市若手職員と、その想いを共有してデザイン協力をいただいた市若手デザイナーの「有限会社哲学堂」渡辺カイさんとの職業の枠を超えた連携により、「想い」がストラップとして一つの形となりました。
このことは、「幸福感」や「人とのつながり」という想いを共有し、民と官が協力しながら、共に滝沢の価値として一つの形を創造できたという点で、「小さな成功」の良い事例であると考えております。
当市では、今後も様々なパートナーの皆さんと協力してこのような取り組みを継続していき、共に価値を創造する活動を広げ、滝沢のPRにつなげていきたいと考えております。
今後のストラップの活用方法については、市職員、市内企業を含む市民の皆さんにも広く身に着けていただけるよう販売等も含めて検討していく予定です。皆さんが実際に手に取り身に着けて活動いただき、デザインコンセプトである「幸福感」や「人とのつながり」という想いを共有して、さらなる連携が広がっていくことを期待しています。
なお、デザインの詳細は別紙のとおりです。


市発表案件について記者からの当日質問

記者:バス路線のビッグルーフ滝沢への乗り入れについて、期待することなどはありますか?
市長:これまでもビッグルーフができたということで、行ってみたいという方が多くおられました。ただ、交通手段が確保できないという問題がありましたが、このたびビッグルーフ滝沢にそれぞれの路線バスが乗り入れることで、ビッグルーフ滝沢あるいは市役所に来やすくなったと思っております。また、今回バス事業者のご厚意により、乗り入れたにもかかわらず、バス料金がこれまでと同様ということでありますので、これについても感謝をしておりましたし、ビッグルーフ滝沢にさらに多くの人が集まってくれることを期待しております。
記者:今回岩手県交通ということですが、ほかのバス会社が参入する可能性はあるのでしょうか?
都市整備部長:バス路線についてはご存じの通り免許によるものであること、採算性のこともありますので、その辺については難しい部分もあるのではないかと思います。
記者:山開きが7月1日にありますが、健康づくり宣言もありますので、これらに対する意気込みを教えてください。
市長:今年の山開きは私にとっては最後の年になります。日曜日ということ、そして健康づくり宣言を山頂においてするということからすると、多くの方々が来てくれることを期待しておりますし、すでに企業・団体等からも多くの新たな申込みがあります。そういうことからするとこれまでの最高の人数が来てくれるのではないかと期待しております。いずれ天気が問題ですので、天気さえ良ければ昨年の1,500人は上回るのではないかと思っております。

 

その他について記者からの当日質問

特になし。



(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について