岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

報道発表(平成30年02月)

とき
平成30年2月6日(火)午前10時半~午前10時45分まで

ところ
滝沢市役所庁議室

 

市発表事項

大塚製薬株式会社との包括連携協定の締結について(企画総務部企画政策課)

本日、平成30年2月6日付けで大塚製薬株式会社と包括連携協定を締結しますので、ご報告いたします。
本協定の締結にあたっては、昨年8月に開催しました「たきざわ学生フェス」において、大塚製薬に出展いただいたことをきっかけに、今後も様々な分野で連携・協力し、地域の活性化に寄与したいとのご提案をいただき、検討を進めてきたものです。
協定の内容につきましては、
・滝沢市総合計画の推進に関すること
・市民の健康づくりの取組に関すること
・災害対応の取組に関すること
・その他、双方が必要と認める事項に関すること
以上、4項目となっております。
おりしも平成30年度は、第1次滝沢市総合計画後期基本計画の策定や、「健康づくり宣言」などの大きなプロジェクトが予定されております。
本協定の締結により、大塚製薬が持つ専門的知見や各種データ、ノウハウなどを後期基本計画の策定や「健康づくり宣言」に基づく取組、災害時における対応などに活用させていただき、滝沢市民の幸福感を育む環境づくり、安心・安全な地域づくりに向けて、活かしてまいりたいと思います。
なお、締結式を記者会見終了後、この会場で執り行いますので、あわせて取材していただきますようお願いします。


株式会社アルチザネットワークス滝沢デベロップメントセンター竣工記念イベントについて(経済産業部企業振興課)

昨年8月4日に滝沢市IPUイノベーションパーク企業立地調印式を行いました、滝沢市IPUイノベーションパークへの社屋建設第1号となる株式会社アルチザネットワークスの滝沢デベロップメントセンター竣工記念イベントが2月9日、滝沢市IPUイノベーションパーク内の新社屋で開催されます。
アルチザネットワークスは、最先端の移動体通信技術を支える通信計測器メーカーであり、東京・立川市に本社を構え、中国・上海に開発サポート拠点を開設し、現在はエストニアにも拠点開発を進めており、グローバルにビジネスを拡大するための人材育成を加速しております。
今回、「滝沢デベロップメントセンター」が開設されることで、多くの地元学生の採用が期待されます。
当日は、株式会社アルチザネットワークスの床次(とこなみ)代表取締役社長から、岩手での人材育成と2018年の事業展開について、記者の皆様に発表すると伺っております。
当日の取材についてよろしくお願いします。


第51回いわて雪まつりスノーシュートレッキング体験イベント等の開催について(経済産業部商工観光課)

第51回を迎える「いわて雪まつり」の新たな会場として、たきざわ自然情報センターが加わりました。
この会場では、豊かな自然で多くの人に親しまれている岩手山、鞍掛山を望みながら、鞍掛山麓を歩くスノーシュートレッキングができます。ふかふかの雪が積もる中、日常とかけ離れた自然のフィールドをスノーシューで歩き、いわての冬を思いっきりお楽しみください。当日は滝沢市山岳協会、網張ビジターセンターのスタッフがご案内します。トレッキング終了後、参加された方を対象に、滝沢市の特産品いわなを使った「いわな汁」のお振舞を予定しています。
また、最終日の18日(日)には、滝沢市観光協会主催、相の沢牧野スノーモビルランドを開催します。こちらでは、小学生以上を対象にスノーモビルの試乗を実施します。360度、一面の雪の中をスノーモビルで滑走し、普段見ることができない、冬の相の沢牧野を体験できます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。




市発表案件について記者からの当日質問

記者:健康づくり宣言とはどのような内容ですか。
市長:現在内容を検討中です。7月1日の岩手山山開きの際に山頂で宣言を行う予定です。賛同する市民、地域、団体、企業が行政と一体となって取り組みます。健康の基本方針も内容に盛り込みます。食育や禁煙、運動、歯を大事に、といったことを予定しています。
記者:協定に期待することは。
市長:大塚製薬さんは健康に関するデータやノウハウを持っていると伺っています。どのように健康で長生きしてもらうかとか、若い人にとっても有益な健康情報をいただければ、活用していきたいと思います。
記者:企業との連携協定は何件かありますか。
市長:防災の関係などでもさまざま結んでいますし、金融機関とも結んでいます。
記者:健康づくり宣言は大塚製薬と一緒に山頂で行うことになりますか。
市長:まだお話しておりませんが、ぜひお誘いしたいと思います。
記者:いわて雪まつりについて、市として主体的に関わることになりますが、その思いを伺います。
市長:岩手高原では雪に関する心配がないと思います。初めて分散して開催することからすると、どのくらい集客ができるか不安なところもありますが、滝沢としてできることをやっていきたいと思います。今回のことを契機に違うことを考えられるかと思いますので、今回の状況を見て、来年以降検討していきたいと思います。
記者:馬そりを行うことは考えられますか。
市長:馬そりは考えていませんが、以前、大沢地域において行ったことがあります。移動させるとなると費用や様々な負担も大きいことからすると、近場で何かできればと思います。ビッグルーフの駐車場の雪を活用してそこで子どもたちが遊べるようにできないかというご意見もありますので、相の沢に限らず子どもたちが遊べる仕掛けを考えていかなければならないと思います。

 

その他について記者からの当日質問

特になし。


 

 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について