岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

2012年03月

 

フォトコーナー

職員退職者辞令交付式で感謝の言葉を述べる

(2012年03月30日掲載)

(写真=退職辞令が交付されました)(写真=感謝の言葉を述べる村長)

平成23年度滝沢村退職者辞令交付式が3月30日、役場大会議室で行われました。

柳村村長は、「長きにわたり本村の村政の発展に尽力をいただき大変ありがとうございました」と退職する職員に感謝の言葉を述べました。

 ▲退職辞令が交付されました(写真左)、感謝の言葉を述べる村長(写真右)

 

 

 

観光写真コンクール表彰式で南副村長が祝辞

(2012年03月29日掲載)

(写真=最優秀作品「晩秋に浮かぶ」)

滝沢村観光協会(藤倉喜久治会長)主催の第18回滝沢村観光写真コンクール表彰式が3月29日、村役場で行われました。

今回の応募者数は20人で合計67点の応募がありました。その中から最優秀賞1点と優秀賞2点、入選4点、佳作10点が選出。ことしの最優秀賞は村内在住の佐々木拓治さんの「晩秋に浮かぶ」、優秀賞には雫石町在住の橘英明さんの「静寂」と村内在住の工藤悦子さんの「贅沢ランチ」がそれぞれ選ばれました。

表彰式に出席した南副村長は。受賞者の皆さんを称えるとともに、これからも滝沢村が持つ豊かな自然を活かしたまちづくりと観光振興に取り組みたいと祝辞を述べました。

なお、入賞作品は4月13日まで村役場1階にて展示されていますので、お気軽にお立ち寄りください。

▲最優秀作品「晩秋に浮かぶ」(写真)

 

 

 

(写真=優秀賞作品「静寂」)(写真=優秀賞作品「贅沢ランチ」)

▲優秀賞作品「静寂」(写真左)と「贅沢ランチ」(写真右)

 

(写真=受賞者を称える南副村長)(写真=入賞作品を鑑賞する皆さん)

▲受賞者を称える南副村長(写真左)と入賞作品を鑑賞する皆さん(写真右)

 

 

 

安全安心なまち願い県大と臨時避難所協定調印

(2012年03月27日掲載)

(写真=村と県大で臨時避難所協定を調印)(写真=柳村村長と相澤理事長が合同記者会見)

滝沢村と岩手県立大学との大規模停電時などにおける臨時避難所協定調印式が3月27日、村役場で行われました。

東日本大震災発生時に、ライフラインが停止し生活環境に大きな不具合が生じましたが、同大学は自家発電による通常の生活環境を維持でき、学生と地域の皆さんの避難所として活用されました。

同大学からの申し出で、大規模停電や岩手山火山噴火などの災害が発生した場合に、施設の一部を村の臨時避難所として開設する協定を締結。柳村村長と相澤岩手県立大学理事長は、「協力し合いながら、災害に強い安全安心なまちづくりに取り組みたい」と述べました。

なお、写真で見るニュース「県大と協定調印式が~災害に備えて臨時避難所」もご覧ください。

▲村と県大で臨時避難所協定を調印(写真左)、柳村村長と相澤理事長が合同記者会見(写真右)

 

 

 

復興支援に取り組む滝二中生徒会を村長が激励

(2012年03月27日掲載)

(写真=滝沢第二中学校生徒会の皆さん)(写真=復興支援ボランティア活動を報告)

滝沢村生涯学習推進本部会議(本部長・柳村典秀村長)が3月27日、村役場で行われ滝沢第二中学校生徒会の皆さんが復興支援ボランティア活動の実践報告をしました。

同生徒会の皆さんは、山田中学校運動部との部活動交流や募金活動などボランティア活動について説明。柳村村長らは、「みなさんの活動に取り組む姿に感動しました。頑張ってください」と激励。生徒会の皆さんからは、「助け合いながら取り組むことの素晴らしさを学びました。みんなにために何かができる人になりたい」と抱負を語っていました。

なお、写真で見るニュース「被災地の復興を願い~滝二中生徒会が実践報告」もご覧ください。

▲滝沢第二中学校生徒会の皆さん(写真左)、復興支援ボランティア活動を報告(写真右)

 

(写真=復興支援ボランティア活動を報告)(写真=生徒会の皆さんを激励する柳村村長)

▲復興支援ボランティア活動を報告(写真左)、生徒会の皆さんを激励する柳村村長(写真右)

 

 

 

退職・異動教職員に村長が感謝の言葉を述べる

(2012年03月27日掲載)

(写真=感謝の言葉を述べる柳村村長)(写真=盛川教育長から辞令交付と感謝状が贈呈)

成23年度末滝沢村立学校教職員定期人事異動辞令交付式と感謝状贈呈式が3月27日、村役場で行われました。

柳村村長は、「村内の児童生徒の学力は向上し、文化スポーツ活動でも県大会はもとより東北・全国を舞台に活躍することができました。沿岸被災地の復興ボランティア活動にも積極的に取り組み、地域やみんなにために何かをしたいと願う子どもたちを育てていただき、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。

なお、写真で見るニュース「退職・異動教職員に村長が感謝の言葉を述べる」もご覧ください。

▲感謝の言葉を述べる柳村村長(写真左)、盛川教育長から辞令交付と感謝状が贈呈(写真右)

 

 

 

一本木水道譲与調印式で40年余の活動を称える

(2012年03月23日掲載)

(写真=譲与契約調印式に参加した皆さん)(写真=40年余の活動をねぎらう村長)

一本木簡易水道事業の滝沢村への譲与に関する契約調印式が3月23日、村IPUイノベーションセンターで行われました。

社団法人一本木水道組合(角掛千歳会長)が昭和48年から経営してきた簡易水道事業が村へ譲与されます。

村では、平成24年4月以降から28年度までの5年間で簡易水道施設の整備を進め、29年度には村上水道事業に統合し、将来にわたって安全で安定した水の供給を目指します。

なお、写真で見るニュース「一本木簡易水道事業~村への譲与契約調印式が」もご覧ください。

▲譲与契約調印式に参加した皆さん(写真左)、40年余の活動をねぎらう村長(写真右)

 

 

 

諸葛川サケ稚魚放流で柳村村長があいさつ

(2012年03月18日掲載)

(写真=稚魚を放流しました)(写真=あいさつする柳村村長)

サケ稚魚の放流事業が3月18日、諸葛橋(鵜飼字諸葛川)付近で行われました。

事業は、サケに関する知識と環境保全の意識を高めるために昨年度初めて実施され、山田町と三陸やまだ漁業協同組合などの協力を得て、2回目の実施となり、開会式で、柳村村長は、協力をいただいた山田町などへの感謝の言葉と被災地復興支援に取り組むことを述べました。

参加した一本柳子ども会の児童らは、県さけ・ます増殖協会の説明の後、約1万匹を放流。雫石川東部漁業組合の指導で、川の水になじませながらバケツの中の稚魚をゆっくりと放流していました。

なお、写真で見るニュース「諸葛川サケ稚魚放流~山田とつながる交流事業」もご覧ください。

▲稚魚を放流しました(写真左)、あいさつする柳村村長(写真右)

 

 

 

齋藤補助金等審議会長が村長に答申書を提出

(2012年03月16日掲載)

(写真=柳村村長に答申書が提出されました)

滝沢村補助金等審議会の齋藤俊明会長(岩手県立大学総合政策学部教授)が3月16日、柳村村長に答申書を提出しました。

同審議会が、平成23年度実施補助金公募制度に申請のあった政策報告補助金8件の事前審査や合議の内容などを審査結果としてまとめたものを答申書として柳村村長に対して提出したものです。 。

なお、写真で見るニュース「柳村村長に答申提出~滝沢村補助金等審議会が」もご覧ください。

▲柳村村長に答申書が提出されました(写真)

 

 

 

 

菊池礼子さんが厚生労働大臣表彰受賞を村長報告

(2012年03月15日掲載)

(写真=柳村村長に受章報告をする菊地副会長)(写真=柳村村長に受章報告をする菊地副会長)2

厚生労働大臣表彰を受賞した滝沢村保健推進員協議会(会員79人)の菊地礼子副会長が3月15日、村役場を訪れ柳村村長に受賞報告をしました。

同協議会は平成11年度に組織化され、各種検診受診率の向上に寄与するなど、保健活動の推進と地域住民の健康保持増進に貢献したことが認められ今回の受賞となりました。受賞は全国で15団体、県内では同協議会のほか北上市保健推進員協議会の2団体でした。

柳村村長は、「受賞おめでとうございます。これからも地域での声掛けなど、引き続きよろしくお願いします」と激励しました。

なお、写真で見るニュース「村保健推進員協議会~厚生労働大臣表彰を受賞」もご覧ください。

▲柳村村長に受章報告をする菊地副会長(写真左・右)

 

 

 

シニア海外ボランティアの岡田さんが村長訪問

(2012年03月13日掲載)

(写真=抱負を語るシニア海外ボランティアの岡田さん)(写真=抱負を語るシニア海外ボランティアの岡田さん)2

本村出身でシニア海外ボランティアとしてウルグアイ東方共和国に派遣される岡田幸助さんが3月13日、村役場を訪れ柳村村長に抱負を語りました。

獣医学博士の岡田さんは、これまでワシントン州立大学や岐阜大学大学院、ザンビア大学、岩手大学などで教壇に立ちました。今回の派遣では、ウルグアイ共和国大学獣医学部で獣医病理学の教育研究支援に当たります。派遣期間は3月から平成25年3月までの1年間です。

なお、写真で見るニュース「本村出身の岡田さん~シニア海外ボランティア」もご覧ください。

▲抱負を語るシニア海外ボランティアの岡田さん(写真左・右)

 

 

 

3月11日、沿岸被災地復興への決意を新たに

(2012年03月11日掲載)

(写真=柳村村長も参加し復興への決意を新たに)(写真=復興を願う希望の光がともされました)

盛岡広域市町村懇話会(会長・谷藤裕明盛岡市長)による東日本大震災1周年記念行事「復興への誓い・追悼式典」が3月11日、盛岡市内の県公会堂で行われ柳村村長も参加。谷藤市長が8市町村長を代表し、一日も早い沿岸被災地復興への決意を述べました。

その後、8市町村各会場で「復興への誓い~2万個の灯火」が行われました。なお、村会場の様子は、写真で見るニュース「復興を誓う希望の光~滝沢会場で300個超の灯籠」をご覧ください。

▲柳村村長も参加し復興への決意を新たに(写真左)、復興を願う希望の光がともされました(写真右)

 

(写真=復興を願う希望の光がともされました)(写真=復興を願う希望の光がともされました)

▲復興を願う希望の光がともされました(写真左・右)

 

 

 

柳村村長が総務省や防衛省などを訪問しました

(2012年03月12日掲載)

(写真=柳村村長が黄川田総務副大臣と主浜総務大臣政務官を訪問)(写真=柳村村長が黄川田総務副大臣と主浜総務大臣政務官を訪問)2

柳村村長が3月9日、総務省を訪問し村が目指す市制移行について県選出の黄川田徹総務副大臣と主浜了総務大臣政務官に取り組みの経過などを説明しました。

▲柳村村長が黄川田総務副大臣と主浜総務大臣政務官を訪問(写真左・右)

 

(写真=柳村村長が児玉社長を訪問 )

柳村村長が3月9日、小岩井農牧株式会社を訪問し児玉喜一代表取締役社長と農業の第6次産業化や地産地消の推進などについて意見交換しました。

▲柳村村長が児玉社長を訪問(写真)

 

(写真=柳村村長が山内局長を訪問)

柳村村長が3月9日、防衛省地方協力局を訪問し山内正和局長と民生安定と障害防止について懇談しました。

▲柳村村長が山内局長を訪問(写真)

 

(写真=柳村村長が岩崎幕僚長を訪問)(写真=柳村村長が岩崎幕僚長を訪問)2

柳村村長が3月9日、防衛省統合幕僚監部を訪問し岩手県出身の岩崎茂・統合幕僚長(空将)を訪問し、PAC3配備の経過や陸上自衛隊岩手駐屯地などについて懇談しました。

▲柳村村長が岩崎幕僚長を訪問(写真左・右)

 

 

 

ライオンズクラブから図書券の寄贈を受ける

(2012年03月07日掲載)

(写真=阿部会長から図書カード10万円分が寄贈)(写真=阿部会長から図書カード10万円分が寄贈)2

滝沢ライオンズクラブ(阿部正喜会長)が3月7日、学校図書館の図書整備に力を入れている村の趣旨に賛同し村に図書カード(10万円分)を寄贈しました。

この日は、同クラブを代表して2人が柳村村長を訪問。阿部会長から、柳村村長に図書カードが手渡されました。柳村村長は「子どもたちも喜んでいます。学校図書の充実のために使わせていただきます」とお礼を述べました。

なお、写真で見るニュース「ライオンズクラブが~学校図書の充実願い寄贈」もご覧ください。

▲阿部会長から図書カード10万円分が寄贈(写真左・右)

 

 

 

村死亡事故ゼロ1年6か月で県警が村長へ称賛状交付

(2012年03月05日掲載)

(写真=佐藤盛岡西警察署長から賞賛状が授与)(写真=村役場を訪れた佐藤盛岡西警察署長ら)

滝沢村は3月2日、交通死亡事故ゼロ1年6カ月を達成しました。

佐藤哲夫盛岡西警察署長が3月5日、村役場を訪れ瀬川幸男村自治会連合会長と大森清志村防犯交通安全協会連合会長、大森静子村交通指導隊長が見守る中、柳村村長に県警察本部長名の賞賛状を手渡しました。

柳村村長は、「地域の皆さんが日々交通安全活動に取り組んでいる結果だと思います。これからも記録を伸ばしていけるよう頑張りたい」と述べました。

 なお、写真で見るニュース「死亡事故ゼロ1年半~県警本部長賞賛状が授与」もご覧ください。

▲佐藤盛岡西警察署長から賞賛状が授与(写真左)、村役場を訪れた佐藤盛岡西警察署長ら(写真右)

 

 

 

食育推進のつどいで柳村村長が豊かな食生活を提唱

(2012年03月03日掲載)

(写真=食育推進の集いに参加した皆さん)(写真=柳村村長が豊かな食生活を呼びかける)

育推進のつどい『食べて体感!地産地消で豊かな食生活』が3月3日、滝沢ふるさと交流館で開催されました。

参加した柳村村長は、地域の皆さんと行政が協力しながら地産地消と食育の推進による豊かな食生活の充実に取り組むことを提唱しました。

つどいでは、ブランドストーリー代表の大平恭子先生による講演、盛岡農業高校生徒によるプロジェクト発表、統料理(雛まんじゅうや干しっ葉汁など)や焼き味噌おにぎり(YMO)体験コーナー、健康・育児相談、風呂敷市での農産物即売などで盛り上がりました。

なお、写真で見るニュース「食でつながる心の絆~食育のつどいで地産地消」もご覧ください。

▲食育推進の集いに参加した皆さん(写真左)、柳村村長が豊かな食生活を呼びかける(写真右)

 

(写真=大平先生の講演)(写真=なでしこ保育園児の食育オペレッタ)

▲大平先生の講演(写真左)、なでしこ保育園児の食育オペレッタ(写真右)

 

 

 

藤東北農政局長が村を訪問し農業振興などを意見交換

(2012年03月01日掲載)

(写真=佐藤局長が村を訪問しました)(写真=佐藤局長が村を訪問しました)2

佐藤憲雄・東北農政局らが3月1日、村役場を訪れ柳村村長と山谷村議会議長らと農業振興などについて意見交換を行いました。

また、村長らは、果樹農家を営む井上美津男さんが果樹栽培に尽力した功績が称えられ農林水産大臣賞を受章したことを報告。佐藤局長は、「とても素晴らしいことです。これからも地域の皆さんと協力しながら農業振興に取り組んでほしい」と激励しました。

なお、写真で見るニュース「果樹栽培技術に功績~井上さん農水大臣賞受章」もご覧ください。

▲佐藤局長が村を訪問しました(写真左・右)

 

(写真=農林水産大臣賞受章を報告)(写真=農林水産大臣賞受章を報告)2

▲農林水産大臣賞受章を報告(写真左・右)

 

 

 

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について