岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 市政運営 > 市長方針の展開 > 平成27年度市長施政方針演述

平成27年度市長施政方針演述

 


   本日ここに、滝沢市議会3月会議が開催されるにあたり、平成27年度の市政運営について、所信の一端を申し上げ、市民の皆さん並びに議員各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

我々地方自治体を取り巻く環境は、国による積極的な景気浮揚策にも関わらず、地方への波及効果は弱く、また、生産年齢人口の減少による税収の逓減、高齢社会の進展による扶助費の増嵩、インフラ資産の更新なども予見され、引き続き厳しいものと捉えております。
さらには、人口減少と、少子高齢化が急速に進む我が国において、先の日本創世会議・人口減少問題検討分科会が発表した「2040年に消滅する自治体」の公表は、全国の地方自治体にあらためて、今後の自治体運営の厳しい状況を認識させることとなりました。
このような困難な環境下において、平成26年1月1日に滝沢市となり新たなスタートをきり、同年4月には、住民自治の深化につながる、滝沢市自治基本条例を施行し、「地方自治」の両輪である「団体自治」と「住民自治」を強化し、自治基本条例に掲げられた、市の将来像である「誰もが幸福を実感できる活力に満ちた」住民自治日本一の市を創造するため、市民とともに歩みはじめたところであります。
   その「誰もが幸福を実感できる活力に満ちた地域」という将来像を実現するための「市民と行政の行動計画」である、第1次滝沢市総合計画が、平成27年度より始まります。第1次滝沢市総合計画では、平成27年度から34年度の8年間で「幸福感を育む環境づくり」の基盤を創るための取組を市民とともに展開してまいります。
そのための各政策展開の基本として、市民が幸せを判断するための三大要素である、「人とのつながり」、「健康」、「所得・収入」に関わる事業と、セーフティネット機能を果たしている、「安全・安心」を確保するための事業を据え、総合計画における重点事業として推進し、様々な分野で、多くの市民がたずさわる地域づくりへと発展させ、人とのつながりから地域で暮らすことに幸福感が育まれる取組を推進します。
   平成27年度には、総合計画の初年度として、交流拠点複合施設の建設や、市民主体の行動をより促進するための基本的なルールとなる条例の制定など、人とのつながりのための基盤構築を進めるとともに、各種検診の実施や地域健康づくり支援事業により健康に過ごすための生活習慣の定着化を図ります。また、働く場の創出にも引き続き取り組むほか、防災行政無線施設の更新による安全・安心な地域づくりの推進など、市民が幸福を感じられる環境の整備を進めてまいります。
さらに、国が進めるまち・ひと・しごと創生、いわゆる地方創生の取組に加え、連携中枢拠点都市構想について、継続して盛岡広域8市町と進めるとともに、東日本大震災の被災地の早期復興に向け、派遣職員を1名増員するなど、市となったことより一層高まった基礎自治体としての責任を引き続き果たしてまいります。

   財政状況の見通しについてでありますが、我が国の財政状況は、社会保障経費や国債の増大により赤字国債の発行を伴い負担が次世代に先送りされる構造にあります。国と地方を合わせた長期債務残高は、GDPの2倍程度まで累積し、先進国の中でも極めて厳しい状況にあり、国から地方への財政的支援も限界に達しつつあります。
本市の財政状況については、地方消費税交付金は増加にあるものの、市税及び地方交付税等を含めた一般財源の増加は見込まれず、また、歳出においては、経常的な経費の増加により、独自政策への自由度が低下し、今後の財政運営は、一層厳しさを増すものと見込んでおります。歳出予算の削減にも限度がありますが、改めて自主財源の拡大と事業の見直しを行い、財政構造の転換を図る必要があると考えております。
   平成27年度当初予算の編成に当たっては、第1次滝沢市総合計画前期基本計画のビジョン「『幸福感を育む環境づくり』に向けた機運の醸成とセーフティネットの維持」の実現を見据えながら、予算編成方針に基づき、予算要求方法をシーリング方式から既存の事務事業をリセットするゼロベース方式に改め、事業の廃止、繰延べを含めた選択を進め、現在見込みうる収入を積算し予算を編成したものであります。
   以上の結果、一般会計予算、特別会計予算、企業会計予算の総額は、340億7千5百万円余、前年度比18.7%増となっております。このうち一般会計予算については、交流拠点複合施設整備事業等の増加により、総額205億2千万円、前年度比19.0%増となっております。

  以下、順次、主な施策の概要について申し上げます。

まず、人とのつながりによって市民が行動しているまちを目指しますについて申し上げます。

   この政策では、市民一人一人が、それぞれの地域づくりを考え、結いや絆など「人とのつながり」によって、市民自らが、そして地域が行動して安心して暮らせるまちづくりを目指したいと考えています。
  人と人がつながる「場」づくりについては、幸福感を育む地域づくりの基盤となる「地域別計画」を展開し、地域づくりのルール化を図る条例の制定を進め、自治会活動・地域活動の支援を推進してまいります。
   市民活動の拠点となる交流拠点複合施設については、平成28年8月の完成を目指し、人々の交流を生む管理運営を研究するとともに、各地区の地域活動の拠点となる集会所等の維持管理等の支援を行ってまいります。
   また、自治の主役である市民が男女の分け隔てなく活躍できる状態を目指してまいります。
   安全・安心なまちづくりについては、火災などの災害等有事に備え消防資機材、消防屯所、消防ポンプ自動車及び消防水利など消防施設の適切な維持管理を実施するとともに、各種防災訓練の実施、防災資機材の拡充整備を図り、総合防災力の維持・強化に努めてまいります。
   また、日頃から地域における防災意識を高め、いざという時に迅速な対応を地域自らが行えるよう、自主防災組織の活動を支援し、地域防災力の強化に努めてまいります。
さらに、交通事故防止及び飲酒運転の根絶を目指し、交通安全教室、街頭指導・広報啓発活動などを実施するとともに、犯罪のないまちづくりを目指し、関係機関と連携した効果的な事業を展開してまいります。
   環境への意識づくりについては、本市の豊かな自然と生活の環境保全のため、環境ボランティア及び地域リーダーを育成するとともに、市民の皆さんが主体的に環境保全活動に取り組める体制や地域清掃の推進体制の強化を図ってまいります。
   また、地球温暖化対策として、省エネルギー及び再生可能エネルギーの導入、ごみの減量とリサイクルを推進し、循環型社会を目指し取り組んでまいります。
   一般廃棄物処理については、盛岡地区衛生処理組合と滝沢・雫石環境組合の運営を支援し、適正な廃棄物処理に努めてまいります。
   住民情報の適正管理については、基礎データの正確性を確保し、適正な維持・管理を行い、丁寧で迅速な窓口対応に努めてまいります。

   次に、健やかで笑顔にあふれ、互いに支えあうまちを目指しますについて申し上げます。

   この政策では、市民一人一人が自分らしい幸福感を育むため、子どもから高齢者まで健康で安心して暮らせるような環境づくりに取り組んでまいります。
支えあう福祉への支援については、障がいのある方が地域で共に暮らすために、障がい特性の理解促進、障がい福祉サービスの提供、各種障がい者手当等の給付及び相談支援の取組を進めます。また、民生委員・児童委員など地域支援者の活動を支援するとともに、地域生活、消費生活などの相談支援や災害時の地域連携など、みんなで支えあう福祉を推進してまいります。
安心と希望ある生活への支援については、生活保護制度が国民生活最後のセーフティネットとして極めて重要な制度であることを認識し、適正な実施に努めてまいります。また、生活困窮者自立支援制度により、生活保護受給者以外の生活困窮者に対しても、安心して自立した生活が営まれるよう相談支援の取組を行ってまいります。
   子ども・子育てへの支援については、児童手当、子育て世帯臨時特例給付金及び児童扶養手当の給付並びに保育料の軽減を通じ、子育て世帯を支援するとともに、滝沢市子ども・子育て支援事業計画に基づき、幼児期の学校教育及び保育並びに地域の子ども・子育て支援を総合的に推進してまいります。また、関係機関等の連携のもと要保護児童等の支援を強化してまいります。
長寿社会の安心と生きがいのための支援については、介護保険制度等のサービスの適切な運用を行うとともに、社会参加を通してすこやかで生きがいのある地域づくりを目指す「睦大学」や「老人クラブ」等の活動を支援してまいります。
   住みなれた地域で暮らし続けられる地域包括ケアの実現のためには、地域や関係機関との連携のもと、介護予防、認知症対策、在宅医療介護連携等に取り組んでまいります。また、相談体制の整備充実と「いきいきサロン」等、地域で高齢者を見守る体制の整備を進め、地域包括ケアシステムの構築を進めてまいります。
笑顔輝く健康づくりへの支援については、平成25年度から実施しております「地域健康づくり連絡会」を継続し、各自治会の特色ある健康づくりを支援してまいります。
また、市民一人一人が「健康」に関心を持って主体的に健康づくりに取り組むことができるよう、各種健康診査の受診機会の提供や健康教室の開催等健康づくりを進めるための環境整備に努めてまいります。
   さらに、新たに、子どもを望む夫婦への不妊治療の助成とともに、安心して子どもを生み育てるため、両親学級や乳幼児健診、助産師・保健師による家庭訪問等を通して、様々な課題を持つ母親や父親の育児不安を軽減するとともに、乳幼児の健全な発育と発達を支援してまいります。
安心できる暮らしの実現のため、国民健康保険、後期高齢者医療制度、国民年金及び乳幼児等各種医療費給付事業を適正に実施するとともに、社会保障制度改革への対応及び番号制度の導入を円滑に進めてまいります。
   また、国民健康保険にあっては、健診結果やレセプト等健康・医療情報を活用し、健康づくりの支援と医療費適正化に取り組みます。
   次に、次代を担う若者が育ち、新たな価値の創造に挑戦するまちを目指しますについて申し上げます。

   市の産業振興に当たっては、企業等が成長しやすい環境を構築することが重要と考えており、この政策では、本市の強みである大学や研究機関等との産学官連携や異業種連携を推進し、新たな価値の創造による企業の持続的な成長と雇用拡大に繋げてまいりたいと考えています。
   商工業の支援と産業振興については、滝沢市内の大半をしめる小規模事業者は、地域の経済や雇用の中核をなす重要な存在であり、中小企業等の経営を支援するため、事業資金等への融資を行うとともに、市内企業の雇用拡大を図るため、ハローワークと連携を図りながら滝沢市地域職業相談室において職業紹介やあっせん相談を行ってまいります。
また、市内中小企業が成長する場を構築するため、商工会など関係団体と連携し、産学官連携や異業種連携、人材育成並びに地域資源を活用したブランド開発への支援の在り方について検討し、次期商工業振興計画を策定してまいります。
   観光振興については、岩手山や鞍掛山など岩手山麓の大自然や、チャグチャグ馬コを代表とする様々な伝統文化は、将来につなぐべき貴重な資源と捉えています。これら資源については、交流拠点複合施設を活用することを念頭に、四季折々の自然や伝統文化など、様々な情報発信を行い、集客力を向上させ、交流人口の増加や定住促進に繋げてまいります。
   物産振興については、本市の特産品であるスイカやクイックスイートなどの食材を活用した加工品の開発や「滝沢はるか」など滝沢ブランドの定着と確立を図ってまいります。
   企業立地の促進については、イノベーションパーク及び盛岡西リサーチパークへの企業誘致を促進するとともに、イノベーションセンターを拠点とした産学官連携や異業種連携、人材育成を支援し、企業の成長と雇用機会の創出につなげてまいります。また、これらと連動し、企業集積を加速させるため、次期企業誘致構想の具体的な検討に着手してまいります。
農林業の振興については、農業従事者の高齢化、就業人口の減少や農産物価格の低迷、資材高騰などに加え、TPP交渉など農業を取り巻く環境は厳しさを増しています。こうした中、生産面の強化では、農地集積の推進、岩洞ダム等の基幹的水利施設の整備、畜産振興や担い手の育成に努めてまいります。また、農地や森林の有する多面的機能を維持するため、日本型直接支払の取組を拡大してまいります。
   さらに、市内農産物の需要拡大を目指した産直施設のネットワーク化や食育と連携した地産地消を推進し、持続可能な農林業を育成します。

   次に、ひとにやさしく安心・快適で活力あふれるまちを目指しますについて申し上げます。

   この政策では、子どもから高齢者までが、安心して安全・快適に暮らし、交流することで、生きがいを感じることができる「ひとにやさしいまちづくり」を市民の皆さんとの対話や協働によって実現してまいりたいと考えております。
   都市づくりビジョンの策定については、土地利用、住宅建築、公園などの基礎的な都市基盤に関する将来構想や将来推計に基づいた実行計画の確実な展開、推進を図り、いつまでも住み続けたいまち、快適で安心安全を実感できるまちづくりを目指します。
   計画的な道路整備と維持管理については、道路整備計画、維持修繕計画に基づき、安全で快適な道路環境の整備を推進するとともに、既存施設の維持管理と老朽化対策を効率的に進めるため、中長期的視点による道路維持管理計画の策定を進めてまいります。また、道路維持や除排雪における地域との連携強化に向けた仕組みづくりに取り組んでまいります。
   次に、一人一人が学ぶよろこびを実感できるまちを目指しますについて申し上げます。

   この政策では、一人一人が学ぶ喜びを実感し、市民相互のつながりを深め、生涯にわたって健康で豊かな生活が送られるよう、学習機会の創出と環境の整備に努めるとともに、伝統文化を受け継ぎ、過去から現在、そして未来へつながる架け橋が築かれるよう取り組んでまいります。
   なお、戦後、創設された教育委員会制度については、その根幹を維持しながら、時代の変革に適切な対応が図られるよう見直しが進められますが、更なる教育行政との連携強化に努め、市一丸となって教育の振興にあたってまいります。
まず、子どもたちが安心して、元気に学ぶことができる教育基盤の充実についてでありますが、新設する滝沢中央小学校については、現下の想定を超える建設費の高騰を受け、まことに断腸の思いでありますが、平成29年度開校予定について、2か年を上限として繰り延べることの苦渋の判断をいたしました。今後、財源確保に最善を尽くすとともに、平成27年度におきましては、グランド整備、太陽光利用の外灯設置工事を進めてまいります。
   また、災害に強い安全な学校の整備を優先として進めるものとし、非構造部材の耐震化工事、太陽光パネルの設置等を行ってまいります。
   次に、地域力基盤醸成、文化芸術と社会教育の推進について申し上げます。
   学べる・活かせる環境づくりについては、生涯学習環境の充実のため、その拠点となる新図書館の開館に向けて、蔵書の増冊、移転作業準備について計画的な取組を進めてまいります。
文化芸術の振興については、「滝沢の歩み」編纂事業に全力を傾け、「読みやすく、分かりやすく」をコンセプトとして、有識者はもとより市民の協力と参画を得ながら刊行に向け取り組んでまいります。
   次に、みんなが主役のスポーツまちづくりについて申し上げます。
   第71回国民体育大会サッカー競技会場となる滝沢総合公園陸上競技場の天然芝コートの管理に万全を期すとともに、デモンストレーション競技会場ともなる滝沢総合公園体育館の改修工事を行ってまいります。
   また、大会前年として、リハーサル大会を実施し、大会成功に向けて準備作業を加速するとともに、広範な啓発活動や地域と一体となった花いっぱい運動などを通して市民総参加による機運醸成に努めてまいります。

   次に、総合計画の認知度を高め行財政基盤の確立を目指しますについて申し上げます。

   この政策では、総合計画の方針展開をわかり易く市民に伝え「住民自治日本一を目指す地域社会計画」の認知度を高めることで「幸福感を育む地域づくり」を目指してまいりたいと考えています。
   信頼される行政職員の育成については、職員研修や業務などあらゆる機会を通じて様々な行政課題に柔軟に対応できる職員の育成に繋げ、また、人事評価の取組などにより更なる職員の能力開発と職員としての誇りと自覚を高めるとともに、業務に対するコンプライアンス意識の徹底により市民から信頼される職員を育成してまいります。
   また、今後の大量退職が続くことによる知識技術の喪失を防ぐことが急務であり、事務・事業の継承を円滑に行うとともに増える若手職員に対する育成に力を入れ、組織力の向上に努めてまいります。
   住民自治につながる総合計画の確実な推進については、総合計画の初年度となる平成27年度については、パンフレットや、リーフレット等により、総合計画の趣旨をわかり易く市民へ伝えるとともに、全職員が各政策展開の場面において、市民との対話により「市民主体の地域づくり」を滝沢市全域に浸透する取組を進めてまいります。
   安定した行政情報システム基盤の確保については、平成27年度より国が進めるマイナンバー制度が順次施行されますことから、国の動向を注視し、円滑な導入を推進してまいります。
次代につなげる財務基盤の確立については、住民自治を支える財政体質の構築に向けて、市としての歳入構造を点検し自主財源の拡大に向けた検討を進めてまいります。また、公共施設等総合管理計画の個別計画策定へ向けた庁内調整を図ります。
   豊かな暮らしにつなげる適正で効率的な課税については、各種研修などを通じ人材の育成を図りながら、マイナンバー制度への対応も視野に入れ、いっそうの事務電子化と的確な課税に取り組んでまいります。
   納税しやすい環境の整備と確実な税財源の確保については、本年4月から開始されるコンビニ収納の円滑な運用を進め、市税の納期内納付の定着化を推進するとともに、税の公平性を担保するために適正な滞納処分を実施し、自主財源の確保と収納率の向上に努めてまいります。
   市民に信頼される会計事務の実現については、全庁的な会計知識の向上による正確で迅速な会計処理と、適切な資金運用に努めてまいります。

   以上のように、第1次滝沢市総合計画に基づき、幸福感を育む地域環境を創出するための基盤の構築を進めてまいりますが、平成27年度は、そのための一歩を踏み出す重要な年度であり、様々な分野で議論を重ね、理解と情報の共有を図りながら各政策・基本施策を推進してまいる所存であります。
そのためには、皆さんのご理解とご協力が必要であります。市民の皆さんとの対話を更に重視するとともに、より多くの皆さんの、市政への参画を得ながら、信頼と安心を得る確かな行政組織を構築してまいります。
   議員各位におかれましては、様々な施策の実現のため、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、私の施政方針表明と致します。

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について