岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 市政運営 > 市長方針の展開 > 平成25年度村長施政方針演述 > だれもが暮らしやすいまちをつくります

だれもが暮らしやすいまちをつくります

  私は、魅力ある地域のあるべき将来像を住民の皆さんと共有しながら、暮らしやすいまちづくりを進めていかなければならないと考えております。この考え方を基本に、暮らしやすい住環境の形成を図るため、滝沢村都市計画マスタープランの見直しを行い、また地域開発、住宅建築の適正指導や住宅の耐震化、被災者の住宅再建の支援に努めるとともに、自然に配慮した都市景観の形成を図って参ります。
  快適な道路環境の形成を図るため、道路整備計画、維持修繕計画に基づき、より安全で安心な生活道路の整備を推進するとともに、地域の皆さんと連携し、「自分たちの道路は自分たちで」というマイロード精神の醸成を図るよう、各事業で展開し推進して参ります。また、村内主要幹線である国県道の整備促進については、引き続き国、県へ要望して参ります。
  安全で安心な河川の形成については、住民の皆さんが憩う公園や水辺を安全に安心して利用できるように、住民の皆さんと役割を分担しながら適切な維持管理を行います。また、河川施設の整備の推進のほか、水害対策に向けた取り組みを行います。
  快適な下水道環境の形成については、引き続き巣子地区の整備を推進するとともに、小岩井地区の事業化に向け取り組んで参ります。また、老朽化する施設の延命化とライフサイクルコストの最小化を図るため長寿命化計画を策定するほか、住民にわかりやすい経営を目指して、地方公営企業会計への移行準備を進めるなど、より一層の経営改善に努めて参ります。
  農業集落排水事業については、一般会計からの繰入に依存する経営の改善を目指し、引き続き公共下水道との施設統合に向け、取り組んで参ります。
  これら二つの事業区域を除く区域については、合併処理浄化槽の設置補助事業を推進し、快適な生活環境の向上と公共用水域の水質保全に努めて参ります。
  安心・快適な水道環境の形成については、平成26年度を目標年次とする「滝沢村水道事業第2期中期経営計画」に基づき、事業を進めるとともに、より一層の経営改善に取り組み、利用者の皆さんから「信頼されつづける水道」を目指して参ります。また、平成27年度以降の水道経営の指針となる地域水道ビジョンについて検討して参ります。
  滝沢村簡易水道事業については、一本木地区の皆さんに安全な水を持続的に供給するため、引き続き水道施設整備を進めて参ります。
  利便性の高い移動手段の確保については、(仮称)滝沢村交流拠点複合施設の開設に併せ、村内各地域と役場、複合施設を連絡する幹線交通網の整備について検討を進めて参ります。
  また、(仮称)滝沢南スマートインターチェンジ整備事業については、引き続き各関係機関と連携しながら円滑な推進を図るとともに、連結許可後は測量・詳細設計を進めて参ります。

次に、みんなの力で、自然を守り、安全で住みよいまちをつくりますについて申し上げます。

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について