岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 市政運営 > 市長方針の展開 > 平成25年度教育施政方針

平成25年度教育施政方針

  第12回滝沢村議会定例会が開催されるに当たり、平成25年度における教育行政の基本的な考え方と主要施策について申し上げます。
  本村の教育の振興につきましては、議員、教育関係者はもとより、住民の皆様の各般にわたる御支援、御協力に感謝申し上げます。
  さて、平成25年度は、村制から市制へ移行し、我が「ふるさと滝沢」が更なる飛躍に向かう記念すべき年度であります。このような中にあって、教育は、将来にわたって社会の根幹を形作り、礎となる重要政策であり、改めて、職責の重大さに心いたしながら、以下の施策を進めて参る所存です。
  まず、学校教育の充実につきましては、小中学校共に新学習指導要領の全面実施となっていますが、平成25年度は、改めて改訂の趣旨を活かした取組となるよう、次の諸施策の推進に努めて参ります。
  学力向上対策の推進につきましては、子ども達の可能性を十分に引き出し、自己の将来を自ら切り拓いていけるよう、学習面では「児童生徒にとってよく分かる授業の実現」を目指しながら基礎・基本の確実な定着を図って参ります。また、小中連携教育に取り組むモデル校を追加指定するとともに、公開研究会の開催により取組成果の普及に努めて参ります。
  豊かな心の育成につきましては、道徳教育をはじめ、郷土理解、復興教育等の体験活動の充実により、「心を耕す教育」の推進に努めるとともに、的確な就学指導を進めて参ります。また、学校図書館の充実に向け、学校司書配置事業を実施し、読書教育の推進に努めて参ります。
  学校不適応対策の推進につきましては、「あったかハート支援員」の配置重点化や特別支援教育支援員の拡充など、創意工夫をこらし支援を要する児童・生徒の適応指導の充実に努めて参ります。また、幼稚園、保育園、小・中学校間の連携に留意し、学校不適応の未然防止と早期対応に努めて参ります。
  教育環境の整備・支援については、新学習指導要領に即し、図書、教材の整備を図るとともに、義務教育の円滑な実施を図るため、就学援助、就学助成制度等の適切な実施に努めて参ります。また、就学前教育につきましては、私立幼稚園就園奨励事業の拡充を行って参ります。
  次に、生涯学習の推進でありますが、生涯の各期に応じた効果的な学習環境づくりを進めるため、郷土理解の学習機会や学習情報の提供を行うとともに、新たに活動を始めた青年団体も含め社会教育関係団体の育成支援を行って参ります。
  家庭教育の支援につきましては、小中学校等との連携により保護者の学習機会を充実するとともに、教育振興運動の推進により読書や地域活動への参加を奨励し「子ども達の生きる力」を育んで参ります。また、関係団体との連携により、子ども教室等の体験活動を奨励して参ります。
  公民館及び図書館につきましては、利用者の利便向上と読書普及に努めるとともに、交流拠点複合施設の整備に併せ、住民に親しまれる新図書館のサービスや現公民館施設の今後の活用・用途について検討して参ります。
  次に、文化と健康・スポーツの振興でありますが、芸術・文化に親しむまちづくりにつきましては、関係団体との連携と取組を拡充し、活動支援と発表・鑑賞機会の確保に努めて参ります。また、郷土の遺産である文化財の保存・保護と教育普及に努めるとともに、市制移行を見据え、村の成り立ちや歩みを後世に残し、先人に学ぶ村史編纂事業に着手して参ります。
  スポーツの振興につきましては、「みんなが主役のスポーツまちづくり」の実現に向けて、公益財団法人化を目指している村体育協会との連携を図りながら、豊かなスポーツを楽しめる環境づくりに努めて参ります。また、総合型地域スポーツクラブの育成やプロスポーツ団体等との連携に努めて参ります。
  次に、健康・安全活動の支援につきましては、正しい生活習慣の定着を目指すなど学校保健活動の推進に努めるとともに、関係課と連携して通学路の点検や、スクールガード活動及び情報メール配信システム事業の実施により、児童生徒の安全安心な登下校等の環境整備に努めます。
  次に、学校給食の提供と食育の推進につきましては、給食に対する放射性物質の影響について、独自の検査を継続し、更なる安全安心の確保に努め、不安の解消を図るとともに、地産地消、食育の推進、ホームページ等による情報発信を通して、児童生徒の心身の健全な成長と豊かな人間性を育んで参ります。
  また、学校給食の目的を果たしながら、民間活力による効率的な給食センター運営のため、調理業務等の委託の実施に向けた準備を進めて参ります。

  以上が、教育行政推進に当たっての施策の大要であります。
  本村は、市制移行へのカウントダウンが始まり、大きな変革を迎えることとなりますが、終わりに与謝野晶子の次の歌を引用したいと思います。

劫初(ごうしょ)より造り営む殿堂にわれも黄金(くがね)の釘一つ打つ」

  連綿として先人が造り営んできた殿堂に、未来を切り拓き、未来を担っていく人づくりの歴史が重ねられるよう全力を尽くして参ります。住民並びに議員の皆様のなお一層の御理解と御支援を心からお願い申し上げます

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について