岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 市政運営 > 市長方針の展開 > 平成23年度村政経営にかかる村長方針

平成23年度村政経営にかかる村長方針

はじめに

 私は職員とともに、村政二期目の経営に挑戦し、滝沢村に住み、学び、働く人たちが「生きがいが持てる充実した生活環境」の下に、後期基本計画2年目の着実な実現に取り組み、より満足した活動ができるように、村政の経営に努力を惜しまず行動していきます。
 依然、経済不況の影響の回復は見られず、本村でも雇用状況の悪化など、厳しい状況が続いております。また、今後、地域主権の推進等により、基礎自治体の能力、規模に応じた権限と財源の移譲が可能になることが想定され、自治体としての行政能力を更に強化する必要があります。
 住民の皆さんが求めるサービスは多種多様となり、行政が担うべきことや期待されることなど、行政への需要と責任が増えていくと見込まれます。
 このように内外の環境の変化はあるものの、常に住民視点で地域現場の課題解決に努めるという原点を忘れず、滝沢村がこれからも発展するための政策を推進して、持続可能な自治体を目指します。

基本姿勢

 「生きがいが持てる充実した生活環境の実現」のためには、滝沢村の将来に住民の皆さんが、どのような夢を持ち、まちづくりを望んでいるのか、住民の皆さんと引き続き対話を続けて、双方向での共通認識を深めていく必要があると考えています。
 この対話を通じて、潜在する地域力を十分に発揮し、住民の皆さんが持つ力を最大限に生かせるように、村としても活動のサポートをするなど、コミュニティの形成に向けた、まちづくりを進めます。また、そのような環境を創り上げていくために、一層の職員の資質向上を図り、住民の皆さんがより満足する行政サービスの提供に努めます。

平成23年度の政策推進方針

 後期基本計画に掲げる各政策ビジョンの実現のため、今年度の政策実施に関する方針を次のように定めます。

 

(1)全体方針

 後期基本計画の「使命」(生きがい支援)、「目標」(生きがいが持てる充実した生活環境の実現)を住民の皆さんに周知し、また、庁内では定着させるため「夢」「絆」「生きがい」のキーワードの下に各政策を展開します。

 

(2)基本政策推進方針

<将来投資領域>[夢のある発展]

【希望の持てる産業振興と雇用拡大】
 産業振興の展開のため(仮称)滝沢村IPUイノベーションパークを軸とする新規の企業誘導とともに、既存企業へのフォローアップなどを実施します。また、村内産農産物の消費拡大に向けた情報提供、農商工連携による加工やサービス価値の向上を図り、ブランド化、販売促進を進め、グリーンツーリズムの推進と地域資源の掘り起こしを図り、観光資源としての活用と活性化を図ります。

【心豊かな教育と文化・スポーツの推進】
 子どもたちが安心して、快適に学校生活をおくる教育環境の整備と教育資源の活用、効果的指導方法の創出・指導体制の強化など、文武両道に優れた子どもたちの育成を図る環境整備と取り組みを総合的かつ重点的に推進していきます。また、健康でこころ豊かな生活を生涯続けるため、いつでも学び、知識の活用ができる場の環境の整備と2巡目国体に向けた関連施設、体制整備に着手します。

<基本事業領域>[生きがいと安心の生活]

【安心できる医療・福祉・子育ての推進】
 住民の皆さんの生活不安を解消するとともに、誰もが健康で過ごせるよう保健・医療・福祉・介護制度の充実に努め、安心できる長寿社会の実現を目指します。また、未来を担う子どもたちを安心して育てられるように、保育園、学童保育クラブなどの整備を推進するとともに、充実した医療・福祉で子育てへの支援を行います。

【人にやさしい生活基盤・道路・交通網整備の推進】
 恵まれた自然環境の中、少子高齢化に対応した、暮らしやすい生活基盤、安全安心な歩行環境、快適な道路環境の形成に努めます。また、公共交通機関のネットワーク化を図るとともに、利用促進策を検討し、交通弱者のための利便性の高い交通手段の確保を検討します。

<住民協働・支援領域>[絆と潤いのある生活]

【人と環境を活かしたまちづくりの推進】
地域の活動がより充実し、大きな成果を出せるよう、村として住民の皆さんの活動を支援し、また、皆さんとともに活動することはもちろんのこと、組織同士でもお互いに協働と情報共有できるよう、取り組んでいきます。また、環境を守るための情報を収集・分析し、住民の皆さんに広く情報発信するとともに、身近なゴミの減量等のエコへの取り組みを実践し、環境に配慮したまちづくりを進めます。

<庁内支援領域>[豊かさが実感できる行政]

【住民に身近な行政経営の推進】
 平成23年度は各政策の推進部署において、常に住民生活に視点を置き、住民皆さんが困ったことや心配なことなどを村に相談できる環境を整え、安心・安全・安定した持続的セーフティネットを確立し、住民の皆さんに信頼度が高い行政体を目指します。また、地域主権に欠かせない自主財源の確保と有効な活用を図るために、新たな納税環境の整備を図り、健全財政に努めます。
 

(3)重点政策推進方針

【住民の夢と絆を育む積極的、戦略的な政策推進】
 「滝沢らしさの確立」「若者の定住」「食育の推進」の3つを重点政策として、滝沢村の未来に向けての取り組みを展開します。
平成23年度は、各重点政策のビジョンに基づき効果的な事務事業を実行します。政策により住民生活と事業活動に密接に結びつくことから、住民の皆さんや事業主との絆を重視し、ネットワークを意識した、夢を生み・育てる、より戦略的で効果的な政策の推進を実践します。

平成23年度重点課題

(1)後期基本計画の周知

 2年目の後期基本計画を着実に実行するためには、住民の皆さんの理解と協力が必要です。平成23年度から平成26年度までの後期基本計画を住民誰もが認知し、又は認知できる環境を整備します。また、事務事業評価から経営評価を含んだ行政評価の検討を行います。

(2)各政策における地域と行政の双方向コミュニケーションの仕組みづくり

 後期基本計画が2年目を向かえ、準備・計画段階から実行へと移行していき、3つの重点課題を戦略的に推進します。

(3)各政策における地域と行政との双方向の情報共有の仕組みづくり

 地域と行政活動を信頼という絆で結ぶため、対話とコミュニケーションによる意見交換の場を数多く設け、更なる住民協働が発展する基盤をつくります。

(4)地域主権に向けた行政体制の選択

 国県からの権限委譲、「義務付け・枠付け」の見直しが行われようとする中、地域主権を確立し、住民サービスの向上に向けての行政体制のあり方と庁内の各分野、組織において、体制について調査研究を進めます。

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について