岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 市政運営 > 市長方針の展開 > 平成23年度村長施政方針演述 > 産業が元気で活気あふれるまちをつくります

産業が元気で活気あふれるまちをつくります

 私はこの政策では、変革の時代をたくましく生き抜く自治体として付加価値に重点を置いた産業の高度化に取り組んで参ります。
戦略的な産業振興と雇用促進につきましては、村の特徴を活かした6次産業化の振興施策や企業の誘致施策に合わせ、村の実情に即した緊急雇用対策を講じて参ります。
 企業立地の促進につきましては、盛岡西リサーチパークの更なる分譲を目指し誘致活動を推進して参ります。また、滝沢村IPUイノベーションセンターの入居率を高め、併せて隣接地(仮称)滝沢村IPUイノベーションパークの造成を行い、岩手県立大学と連携し組込ソフト・IT関連産業の集積に取り組んで参ります。
観光振興と物産振興につきましては、平成21年度に策定しました「滝沢村観光物産振興ビジョン」の基本方針に基づき、自然系資源につきましては、岩手山麓周辺のビューポイントなどの観光整備に努めて参ります。
 人文系資源につきましては、「チャグチャグ馬コの里滝沢」にふさわしい馬事文化を継承していくため、馬を身近な存在としていた原風景を再現し、馬を活用したまちづくり事業に取り組んで参ります。
 物産系資源につきましては、スイカ、りんご、クイックスイート、山ぶどうなどの食材を活用した特産品の開発を推進します。
 農林業の振興につきましては、戸別所得補償制度が本格実施されることとなっており、畑作物も対象として拡大されるほか制度の内容が多岐にわたることから制度の実効性を高めるために、制度の内容について十分な説明を行い、農業者にとって、より有効な営農体系となるよう支援して参ります。また、本制度の円滑な推進や担い手育成など本村農業の総合的施策を展開していくため、指導体制の充実に努めて参ります。
 地産地消の推進につきましては、通年出荷が可能となるようパイプハウス等の施設の整備に対する支援を行い、葉もの、根菜類など少量多品目の安定供給による生産者と消費者の結びつきを深めると共に、学校給食等での地場産品利用を拡大するために関係団体との情報共有と連携強化を図って参ります。
 6次産業化につきましては、花卉プロジェクトやクイックスイート栽培を通して農家の生産意欲も向上していることから、さらに付加価値を高める取り組みに対して支援を強化すると共に村の振興作物の普及に努めて参ります。
 畜産につきましては、相の沢牧野内に整備している通年預託施設の供用開始により冬期間も乳用牛の受入れが可能となることから、この預託施設の積極的な利用を呼びかけると共に健全な管理運営に努め、畜産農家の経営基盤強化を支援して参ります。

 次に、みんなで学びあい、未来と地域を担う人が育つまちをつくりますについて申し上げます。

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について